貴金属の現金化

 

貴金属

貴金属で現金化する方法

「ご自宅に金(きん)はお持ちですか?」と聞かれ、「はい」と答えられる人の数。もしかしたら、あなたが思っている以上にその数は多いかもしれません。

貴金属の代表といえば、「金」
金庫に、金塊=金地金(インゴット・バー)はなかったとしても、金の仏具をはじめとした工芸品やアクセサリー、メガネフレームや入れ歯、そしてコイン類なら、自宅にも保管しているかもしれません。金や金製品は意外にも身近にあふれている貴金属であり、その現金化も基本的には容易。売買を取扱う業者も多く、日々変動する市場価格も詳細に知ることができます。

取り扱いのない貴金属製品

貴金属の現金化
ただし業者やサービスによっては、取り扱いのない貴金属製品も。純粋な「金」のみを取り扱い、金を使用したジュエリー類などは対象外となってしまうこともあります。貴金属の現金化の前には、各業者の買取金額をチェックするのはもちろん、取扱品目も確認しておきましょう。

ところで、資産になる貴金属といえば=「金」というイメージが強いかもしれませんが、その他には、プラチナや銀も貴金属取引の対象製品となります。その形態はというと、プラチナ地金や銀地金やコインなど。

そして中には、ダイヤモンドなどのジュエリー類を取り扱う業者も。貴金属専業の取引業者ではなく、ブランド物の時計やバッグ類なども含め幅広く取り扱っている業者の場合は、さまざまな貴金属類を取り扱っていることケースも存在しています。

とりあえずは何でも問い合わせ

また、ネックレスや指輪などの売却の際、石が外れているなどの破損品でも取り扱いが可能な場合も。「捨てるしかない…」とあきらめる前に、査定の申し込み、相談だけでもしておくことが、現金化成功への近道なのかもしれませんね。

金をはじめとした貴金属を資産として保有することに対し、近年、その重要度はますます増すばかりです。急なピンチの際の現金化のために。そして、価値が損なわれにくい資産としても、貴金属の存在には注目しておくべきだといえそうです。

高価買取の質屋優良店ランキング