お酒を現金化

 

お酒

飲まないお酒を現金化する方法

「お酒」といえば「口に入るもの」=「食品」ですが、中古品として売却し、現金化することが可能なのです。とはいっても、開栓後のものや、未開栓であっても、明らかに変質しているお酒は対象外になってしまうため、その点だけには注意しましょう。

なぜお酒は「食品」であるにもかかわらず、中古品として扱われ売買が可能なのかというと、その理由はお酒の持つ「腐らない」といった特徴にあります。未開栓・未開封であれば、基本的には腐らない。それが、「お酒」なのです。

ただ、最初に書いたように、たとえ未開栓・未開封であっても、それでも中身が変質し、お酒としての品質を大きく損なってしまっている場合は、売却することは不可能です。例えばコルクが腐食してしまったり、スクリューキャップから内容物が漏れ出てしまった要る場合など。そのような状態のお酒は、残念ながら現金化は不可能となってしまいます。

では、未開栓で中身の変質も認められないお酒の現金化はどこに頼めば良いのでしょう。まずは、お酒の買い取りを行っている専門の業者を挙げることができます。たとえ同じブランドの同じ銘柄のお酒でも、製造年や材料、さまざまな要素によって大きくその価値が変動するのがお酒。高度な専門知識を要するため、その価格査定はどこでも誰でもできるものではないということを心得ておきましょう。

また、高価であればあるほど化粧箱に入っていたりなど、その装飾度合いもレベルアップしていくのは、さまざまな商品によくあること。それはお酒においても変わりません。そして、高値での現金化を狙う場合には、瓶のラベルはもちろん、外箱など、売られていた当時のままの外見である方が、そうでない場合に比べ確実に高値が付きます。「いらないかな」と思う前に、なるべくきれいに保管しておいた方が現金化の際には有利となるわけです。

冠婚葬祭やちょっとした贈答品としていただく機会も多い「お酒」。けれど、誰にものまれずにそっと棚の奥で眠りがちな一面も。自宅にもそんなお酒があるならば、現金化を検討してみるのもいいかもしれませんね。

お酒買取の優良買取店ランキング